矢口まゆ公式サイト&ブログ

東京都町田市、無所属、2児の母! しがらみの無い普通のママが行動します!

実績

ココを見ればわかる!矢口まゆのこれまでの実績!

1、保育施設の給食やおやつについて質問した事がきっかけで、これまで危険な食材が含まれていた事が判明し市から各保育園へ通知。公立園の給食の献立も急きょ変更された。

2、町田市の宿泊保育が2才からしか利用できない事を問題視する質問をし、乳児院の空きベッドを使用した他自治体の事例を紹介。次の議会で予算が組まれ、町田市でも乳児院を利用した生後3か月からの宿泊保育201810月より開始された。

3、町田市のファミサポは原則援助会員の自宅のみでの利用となっている。子どもの自宅や子どもセンターなどでの利用も検討すべきと議会で強く訴え子どもの自宅や子どもセンターなどで
のサポートに関して、援助会員がどう思うかを確かめる内容のアンケートをとる事を議会にて約束してもらう。

4、商店会への補助金の使途や補助金の目的に関して質問。担当課には補助金の許可をより厳しくするよう求める。→その直後、補助金を商店会が不正利用していたことが発覚し報道に。その後、市では補助金の使途についてチェックを強化している。

5、ネットで議会の中継や録画を見るときに質疑の順番(議員の出番の順番)も一緒に表示できるように修正をお願いし実現。

6、町田市の市庁舎内の授乳室を男性にも使いやすいよう、女性専用スペースと男性OKなスペースの明確な標識を設置するようお願いし実現

7、小中学校のPTAについて、一部強制加入となっている現状の改善と、非加入家庭の生徒をPTA活動の対象から除外する事がないよう各学校長へ依頼すべきと議会で訴える。→全校の校長宛に

依頼の書面を市教育委員会から配布。

8、町田市内の中学校制服ではなく着用義務のない標準服である事を議会で確認。身体的・精神的な事情で標準服の着用が難しい生徒や、暑い季節に白いブラウスを着用したくない場合等、様々な理由で標準服以外の服装で登校したとしても、その生徒が不利益になる事は無いようにすると議会で約束してもらう事に成功。

9、子どもセンターあんに、乳児用のマットを導入。これまで、ばあんでは乳児用の敷物がなかったが、一般質問で強く要望する事で導入が決定。導入後良く使用されているとの事。

10、市立図書館の紹介ページに掲載されている図書館の写真をより図書館の魅力が伝わる写真に変更を委員会にて提案。→現在、移行中。

11、各種防災ハザードマップ(防災、洪水、土砂災害)がHP上でバラバラの場所にあり見つけにくい事を委員会にて指摘。→一か所にまとめた掲載に変更。

12、自治会・町内会の加入率アップのために、HPの作成について市でフォローしてほしいと委員会で要望→市が実施に向けて動いてくれているところです。

13、子どもセンターまあちのカフェにて、子ども用の小さなスプーンの用意が無かったため、対応をお願いし、現在は用意していただいております。

14、市庁舎一階のコンビニに、子ども用のオムツとお尻ふきの販売を依頼し実現。

15、2018年9月の決算審査委員会にて中学校給食の温度の改善について意見をつけるよう矢口が提案し、委員会として意見提出が決定。その後も担当課に温度改善について要望しつづけ、2019年夏頃から白飯については温かい状態で提供されるように。

16、文教社会常任委員会にて、幼児同乗自転車に乗る子どもへのヘルメット着用促進について質問。ヘルメット着用率を上げるべく、保育園・幼稚園にてヘルメット着用促進のポスターの掲載を提案。→市内の保育園・幼稚園へ市からポスターを送付。

17、町田市の防災課による、保育園での【子育て世代向け防災講話】開催を提案!2019年7月3日に、市立保育園の子育てひろば事業の一環として実現!(予想以上に申し込みが多く、キャンセル待ちとなりました。)

18、中学校の部活動指導員(外部の指導員)の募集方法について、禁錮刑以上の刑罰を受けたことのあるものは応募不可とHP等に明記されていない事を指摘。子どもたちを守るためにも、募集要項などには明記するよう提案し実現。

19、児童虐待の防止については、関係機関の情報共有が非常に重要であるため、要保護児童対策地域協議会(町田市子育てネットワーク協議会)での個別案件について話し合う関係者会議には警察にも出席要請し、積極的に情報共有するよう提案。→議会にて、今後は警察にも出席要請をしていただけると答弁いただく。

20、サッカーゴールやハンドボールゴールを固定せずにいたことで転倒し、これまでに国内でも死亡事故などの重大事故が何件も起こっている。この事から、2019年6月議会にて、ゴールの固定が短時間でできる器具の導入を必要に応じて検討すべきと提案。→市立学校全校の現状を聞き取りし、必要な学校に導入を検討すると答弁をいただく。

★以下は、前向きな答弁で実現される可能性が高いが提案後日が浅くてまだ結果がわからないものをピックアップしました。

①DVと児童虐待は関連性が強いと言われているが、現状DVについての相談窓口から児童虐待について扱う子ども家庭支援センターへの情報共有について明確な基準が無いため、情報共有する場合の具体的な基準の設定を提案。→提案内容について関係部署と相談してみると答弁をもらう。

②町田市の女性悩みごと相談ではDVの相談を受け付けている。町田市の女性悩みごと相談のページで、面前DVや児童虐待についても記載をするべきと提案。→検討すると言う答弁を頂く。

更新日:

Copyright© 矢口まゆ公式サイト&ブログ , 2019 All Rights Reserved.